UVケア 化粧品

MENU

紫外線の強さの違いや、スポーツやショッピングなど目的がはっきりとしなければ、適したUVケア化粧品を選ぶことはできません。

UVケア化粧品がさまざまな存在しています。紫外線はお肌にとって最大の敵です。
たくさんのUVケア化粧品の中からひとつを選ぶのはなかなか難しいのではないでしょうか。

 

 

SPFの数字が高いUVケア化粧品を選び、できるだけ厚くつけて紫外線をガードしようという人もいるようです。
効果が無いとはいえませんが、肌にとってあまり良いとはいえないようです。

 

 

肌を紫外線から守るはずのUVケア化粧品が原因で、肌のコンディションが悪くなってしまうということがあります。
これから肌をどういった状況に置くことになるかを考えながら、UVケア化粧品を選ぶといいでしょう。

 

 

紫外線の強さの違いや、スポーツやショッピングなど目的がはっきりとしなければ、適したUVケア化粧品を選ぶことはできません。

 

 

目的に応じてどのくらいのSPFやPA値が適しているかが異なるからです。最近はさまざまな用途や目的に応じたタイプのUVケア化粧品が販売されています。

 

 

低刺激の商品や、汗でも流れにくいスポーツを前提としたUVケア化粧品などもあります。
BBクリームのように1本でいろいろな機能を果たすようなタイプの商品もあります。

 

 

自分の目的に合ったUVケア化粧品を選ぶことが大切です。UVケア化粧品には、紫外線吸収剤が配合されていますが、これは紫外線を阻む反面、肌への刺激になる場合もあります。

 

 

顔にUVケア化粧品をつけた後は、アフターフォローをしっかり行うことも忘れないようにしてください。